お問合せ

適用範囲

適応可能素材

  • ガラス、タイル類
  • プラスチック類(アクリル樹脂他)
  • 金属表面(ステンレス、メッキ鋼板、銅他)

利用可能な効果・範囲

●水滴防止・防曇効果 ⇒ 視界・透過性の確保

  • 使用場所例:窓ガラス、鏡、カーブミラーなど

●洗い流し効果 ⇒ メンテナンスコスト削減、汚れ防止対策

  • 使用場所例:高所窓ガラス、温泉外部窓ガラス、看板

●蓄積防止効果 ⇒ 洗い流し効果による汚れ蓄積防止対策

  • 使用場所例:装置内部、ホコリ付着防止

●水分拡散効果 ⇒ 蒸発速度が早い、少量の水が広がる

  • 使用場所例:熱交換器、気化熱装置、冷却装置

●気泡付着防止効果 ⇒ 気泡が付着しにくい, 気泡が出来にくい

  • 使用場所例:センサー部、機器内気泡除去対策

●塗装や光触媒コートの下地処理剤 ⇒ プラスチックへも強固に密着

  • 使用場所例:ポリカーボネート製フェンス、アクリル素材表面など

利用できない効果・範囲

●結露防止効果

  • 理由:水滴は出来ないが結露は発生するため

●断熱効果

  • 理由:熱伝導率の変化はなし

●硬い物質による摩擦がある場所

  • 理由:剥離する恐れがあり

●汚れ分解効果